スポンサードリンク

浅田真央・プロフィール

【生年月日】          1990年9月25日
 
【出身地】            愛知県名古屋市
 
【身長&体重】        163cm★45kg
 
【所属クラブ】         中京大学付属中京高等学校スケート部


【コーチ】           ラファエル・アルトゥニアン
        
【元コーチ】          門奈裕子
                 樋口美穂子
                  山田満知子


【振付師】            ローリー・ニコル
                  タチアナ・タラソワ
        
【元振付師】          リーアン・ミラー      
                  樋口美穂子
                  山田満知子


【テスト級】           7級


【トレーニング場所】   アイスキャッスル インターナショナル トレーニングセンター


【スケート靴】         リスポート


【ブレード】           ジョーン・ウィルソン / パターン99 


【趣味】             ジグソーパズル・レゴ


【夢】               オリンピックで金メダルを獲り、プロスケーターになって世界中を周ること。


【好きな食べ物】       チョコレートとミニカップ麺のブタメン
                        (海外遠征でも持参するほど好きなのだそうです。)
        
                   焼肉
        
                   みそカツ・みそ煮込みうどん(さすが名古屋出身ですね!)        

                          カレー(甘口)


【好きな音楽】          クラシック(バレエ曲)、浜崎あゆみさんの曲


【好きなアーティスト】  浜崎あゆみさん、TOKIO、SMAP



現在、世界を代表するフィギュアスケート選手として大活躍の浅田真央ちゃん。

真央ちゃんのフィギュアスケート練習時間は、バレエレッスンやジムトレーニングを含めて週30時間〜40時間。1日の平均練習時間は、5〜6時間になりますね!
真央ちゃんの世界トップクラスの実力は、素晴らしい才能だけでなく、厳しい練習を毎日コツコツ続ける努力と強い精神力の賜物なのですね。


2005-06シーズンまで所属していた東海クラブ時代(山田満知子コーチ)、真央ちゃんは伊藤みどりさんのお衣装を着て大会に出場することがありました。(2006年の『グランプリファイナル』に真央ちゃんが着ていたのは、伊藤みどりさんのお衣装でしたね。)


「みどりさんのパワーがつまっている気がして、それを着て滑るといつも調子がいい!」


そう、真央ちゃんが尊敬しているフィギュアスケート選手は、1992年のアルベールビル冬季五輪で銀メダリストとなった大先輩の伊藤みどりさんなのです。

そして、真央ちゃんが好きなフィギュアスケート選手は、トリノオリンピック銀メダリスト・アメリカの
サーシャ・コーエンさんです。
また、真央ちゃんにとって最も印象に残っている演技は、トリノオリンピック金メダリスト荒川静香さんの2004年世界選手権の演技『トゥーランドット』なのだそうです。

(2007-08シーズンの夏に、真央ちゃんとお姉さんの舞さんを指導したタチアナ・タラソワさんは、サーシャ・コーエンさんと荒川静香さんの元コーチです。)

浅田真央・舞公式サイトとWikipedia参照の上一部引用)

posted by Poodle at 07:41 | 浅田真央紹介

浅田真央・経歴―少女時代(-2003)

浅田真央ちゃんは5歳の時、友人に誘われ初めてスケート靴を履き、姉の舞さんと共に、門奈裕子コーチが教える名東フィギュアスケートクラブに入会しました。同クラブで、真央ちゃんは安藤美姫ちゃんと一緒でした。
また、真央ちゃんは、3歳から9歳までバレエのレッスンも受けていました。


真央ちゃんは、小学6年生の時に特例で出場した第71回全日本選手権で、不完全ながら女子史上初(非公式)の3回転-3回転-3回転のコンビネーションジャンプ(3フリップ+3ループ+3トウループ)を跳んで「天才少女」と呼ばれました。


2000-2001シーズンから、山田満知子コーチに師事しました。
2000-2001シーズンから2003-2004シーズンまで、全日本ノービス選手権のAクラスとBクラスで4連覇を達成しました。

(Wikipediaより引用)

posted by Poodle at 07:21 | 浅田真央紹介

浅田真央・経歴―中学時代(2003-2006)

浅田真央ちゃんは、2004-2005シーズンからジュニアの国際大会にデビューし、ジュニアグランプリシリーズ に出場しました。

全日本ジュニア選手権で初優勝を飾り、ジュニアグランプリファイナルでも優勝を果たしました。


シニアクラスの第73回全日本選手権では、日本女子選手としては伊藤みどりさん、中野友加里さんに次ぐ3人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、2位で初の表彰台に上りました。
(伊藤みどりさん、中野友加里さんも山田満知子コーチの教え子で、トリプルアクセルを跳んだ女子日本人選手は現在、山田満知子コーチの指導した選手だけです。山田満知子コーチ、すごいです!!)


世界ジュニア選手権では優勝を果たし、男子の織田信成さんと共に、日本勢がアベック優勝。
なお、真央ちゃんは、このシ-ズンは出場した全ての国際大会で優勝を飾っています。


2005-2006シーズン、真央ちゃんはシニアの国際大会にデビューとなり、グランプリシリーズに出場しました。

初戦のグランプリシリーズ中国杯では2位。

2戦目となるエリック・ボンパール杯(フランス大会)では、ショートプログラムから首位発進となり、フリーはほぼノーミスの演技を披露してグランプリシリーズで初優勝し、グランプリファイナルの出場を決めました。

真央ちゃんは、グランプリファイナルでもショートプログラムから首位発進となり、フリーでもトリプルアクセルをを含む6つの3回転ジャンプをほぼ完璧に決めて初優勝を果たしました。
日本人、また日本女子選手として、村主章枝さん以来2人目の優勝を飾りました。


特例によるトリノオリンピック出場を期待する声もありましたが、国際スケート連盟の定めた年齢制限に87日足りないため代表資格を得られませんでした。


第74回全日本選手権では、非公認ながらフリーで女子シングル史上初となる2回のトリプルアクセルを成功させ、て2年連続の2位となりました。


連覇が期待された世界ジュニア選手権では、ジャンプのミスが響いて2位に終わりました。

ジャパンオープン2006では、真央ちゃんはほぼ完璧な演技をこなして、女子個人成績1位で日本チームの優勝に貢献しました。

(Wikipediaより引用)
posted by Poodle at 07:12 | 浅田真央紹介

浅田真央・経歴―高校時代(2006-2007)

2006-2007シーズン、真央ちゃんは姉の舞さんと共に拠点を米国ロサンゼルスに移し、ラファエル・   
アルトゥニアン
さんに師事。

グランプリシリーズ初戦となるスケートアメリカでは、ショートプログラム首位発進だったものの、フリー       のジャンプミスが響き3位となりました。

真央ちゃんは、2戦目となるNHK杯で、新採点システムにおけるトータル199.52点というISU女子シングル歴代最高得点を記録し総得点で歴代1位を記録して優勝を飾り、2シーズン連続のグランプリファイナル進出を決めました。


しかし、連覇が期待されたグランプリファイナルでは、フリーのジャンプで2度の転倒があり、2位に終わりました。


12月28・29日に地元・名古屋で開催された第75回全日本選手権では、右手小指の骨折という怪我に見舞われながらも、ショート・フリー共にほぼ完璧な演技をこなし、初優勝を飾りました。


2007年世界選手権の日本代表に安藤美姫さん、中野友加里さんと共に選出されました。

2007年3月の世界選手権では、ショートプログラムでコンビネーションジャンプの3回転フリップ-3回転ループのループが1回転になるミスを犯し、5位と出遅れましたが、翌日のフリーでは、トリプルアクセルとトリプルトウループで両足着氷するも、フリーのみで133.13という高得点を記録し、銀メダルを獲得しました。
なお世界選手権で女子がトリプルアクセルの認定を受けたのは、現在の採点システムになって以降、真央ちゃんが初めてでした。


真央ちゃんは、同シーズンの女子シングルISU世界ランキング及びシーズンランキングは第1位でした。


4月18日・20日に北米のアイスショー「スターズ・オン・アイス」に招待され、カナダで行われたバンクーバー公演、ビクトリア公演に出演。


ジャパンオープン2007では2度転倒するなど精彩を欠き、個人4位ながら団体優勝を飾りました。



現在(2007-)は・・・


2007-2008年シーズン、グランプリシリーズ開幕前の日米対抗戦で今季のショートプログラムを披露しました。コンビネーションジャンプでミスをしましたが、スピン・ステップ・スパイラルの全ての要素で最高評価のレベル4を獲得。


グランプリシリーズの初戦となったスケートカナダでは、ショートプログラムで3位となりましたが、フリースケーティングで逆転し優勝を果たし、グランプリシリーズにおいての日本人女子シングルの最多優勝者となりました。


2戦目のエリック・ボンパール杯(フランス大会)でも優勝を果たし、3シーズン連続のグランプリファイナル出場を決めました。


グランプリファイナルでは、ショートプログラムで大きなミスがあり6位と出遅れましたが、フリースケーティングで巻き返し総合2位となりました。

12月27、28日に大阪で開催された第76回全日本選手権のショートプログラムで、真央ちゃんは今季ミスの続いた3回転フリップ-3回転ループを成功させ1位、フリープログラムでは、冒頭のトリプルアクセルが1回転半になるミスをしましたが、その後の演技で立て直して総合1位となり、2連覇を達成しました。

2008年世界選手権の代表に選出されました。
また、韓国で開催される2008年四大陸選手権への出場も決定しました。


(Wikipediaより引用)
posted by Poodle at 06:49 | 浅田真央紹介

浅田真央・競技歴

浅田真央ちゃんの主な競技歴を紹介します。


<主な競技歴>

2006-2007シーズン    世界選手権 準優勝
                全日本選手権 優勝
                GPファイナル 準優勝
                GPシリーズ NHK杯 優勝
                GPシリーズ アメリカ大会 3位
 
 
2005-2006シーズン    世界ジュニア選手権 準優勝
                全日本選手権 準優勝
                             GPファイナル 優勝
                             GPシリーズ フランス大会 優勝
 
 
2004-2005シーズン     世界ジュニア選手権 優勝
                             全日本選手権 準優勝
                             ジュニアGPファイナル 優勝
 
 
2003-2004シーズン     全日本選手権 8位
                             全日本ジュニア選手権 4位
                             全日本ノービス選手権 優勝  


真央ちゃんの競技歴を改めて見てみますと、ほんとうに

「すごい!!」

の一言ですね。

上記の競技歴を見て、ひとつ疑問が・・・。
『全日本ノービス選手権』の【ノービス】って何?

すみません、ほんとに無知で・・・。
それで、さっそく調べてみました。

フィギュアスケートの参加選手の年齢は、大会によって厳密には資格が異なるのだそうですが、大まかに分けると、

小学生:ノービス

中学生と高校生:
ジュニア

高校生以上:シニア

になります。

ただ、学年の区分が普通は4月で分かれるのに対して、スケートでは「スケート年齢」と呼ばれる特殊な区分(6月30日までと7月1日で分ける)が基準となっているのだそうです。

ノービスB:小学生3、4年(9−10才)で、シングル3級以上。

ノービスA:小学生5、6年(11−12才)で、シングル4級以上

7月1日に達している年齢が9−10、11−12才ですから、7月以降の誕生日の人はそれぞれ小4、5年と小6ー中1になります。
ノービス年齢の国際大会もサンタクロース杯など一部で開催されていますが、正式な世界大会はないのだそうです。

ちなみに、ジュニアは中学、高校生(13ー18才)で、シングル6級以上です。ジュニアではシニアと同様に、GPシリーズや世界選手権もあります。

シニアは15才以上で、シングル7級以上です。(真央ちゃんは7級です。)
特に断らない公式の選手権大会は、シニアになります。

高校生では、ジュニアとシニアどちらにも出られる事になりますが、7級を取ってシニアの参加資格を得ていても、すぐシニアに上がるかどうかは本人の選択によるのだそうです。

両方を掛け持ちする事も可能ですが、フリーの滑走時間が違い、SPでもルールの違いでプログラムも構成を変える必要があるのと、試合が続く大変さもあって両方フルに出る(ブロック予選でジュニアとシニア両方にエントリーする)人はまずいないのだそうです。

なるほど・・・。
フィギュアスケートも、色々な試合があるのですね。


浅田真央・舞公式サイト参照の上一部引用)

posted by Poodle at 06:32 | 浅田真央紹介

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。