スポンサードリンク

浅田真央「跳べなかった」鬼門2連続3回転また失敗で2位…全日本フィギュア



◆フィギュアスケート全日本選手権第2日(26日、長野・ビッグハット) 女子ショートプログラム(SP)を行い、世界女王浅田真央(18)=中京大中京高=は冒頭の2連続3回転ジャンプを失敗し、65・30点で2位となった。中野友加里(23)=プリンスホテル=が67・26点で首位に立った。自身初の大会3連覇を狙う真央は、27日のフリーで逆転優勝を目指す。安藤美姫(21)=トヨタ自動車=が65・02点で3位につけた。→rakuten ranking


得意のビールマンスピンで演技を終えた真央に、笑みはなかった。アイラインを引いた目がより一層つり上がる。まただ。今季成功がない“鬼門”の連続ジャンプで、またしてもつまずいた。電光掲示板に「65・30」と表示されると、「結構点が出たのでビックリ」。3位以下の“大惨敗”も覚悟しただけに、険しかった表情がほんの少しだけ緩んだ。

“異変”は試合前からあった。直前の6分間練習で3回転ルッツを転倒。昨季、踏み切り違反を繰り返し、入念に練習してきたジャンプの失敗で不穏な空気が漂った。リンクに上がって名前を呼ばれてから演技開始までの時間はこれまで2分以内だったが、ルール改正により今季から1分間に限定。「焦ってしまった」。転倒が尾を引いたのか、1分で気持ちを整理できないまま曲が始まってしまった。

最初に入れた3回転フリップ−3回転ループは基礎点10・5点と、難易度の高い大技。勢いよく跳び上がった1つ目の3回転の着氷で大きくバランスを崩すと、かろうじてつなげた次のジャンプは2回転になった。基礎点が6・0点に下がった上、実施点(GOE)で3点も減点。SPでは最も点数を稼げるはずのジャンプで、わずか3点しかもらえなかった。

これで、今季すべての試合で2連続3回転を失敗したことになる。フランス杯では2つ目のジャンプが1回転に。NHK杯GPファイナルでは回転不足を取られた。練習では何度も成功しているが、本番になると跳べない。今後に不安を残すミスに「原因は分からない。思い切って跳べなかったのは残念です」と厳しい表情を見せた。

全日本のSPでは2年連続で70点台を突破してきたが、3年連続ハイスコアはならなかった。中野とは1・96点差。2回の3回転半を跳ぶフリーで逆転に出る。「(今夜は)焼き肉を食べます」と真央。優勝したNHK杯、GPファイナルで欠かさず食べた“勝負食”でパワーをつける。「(SPは)忘れて攻める気持ちで頑張りたい」。3年連続の頂点へ、真央が試練を乗り越える。

(以上「スポーツ報知」12/27 より引用)

フィギュアスケートの全日本選手権の女子フリープログラム、初優勝を目指す中野友加里さん、SPで好調な演技だった安藤美姫さん、そして浅田真央ちゃんの上位争いになりそうですね。

浅田真央ちゃん、3連覇目指して頑張ってほしいですね。


posted by Poodle at 16:50 | 浅田真央ニュース

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。