スポンサードリンク

浅田真央、V3締めへ焼肉パワー注入だ/フィギュア



フィギュアスケート全日本選手権第2日(26日、長野ビッグハット)女子ショートプログラム(SP)で、大会3連覇を狙う世界女王浅田真央(18)=愛知・中京大中京高=は、冒頭のコンビネーションジャンプの失敗が響き65.30点の2位発進。完ぺきな演技を見せた中野友加里(23)=プリンスホテル=が67.26点で首位にたち、安藤美姫(21)=トヨタ自動車=が浅田と0.28点差の65.02点で3位につけた。女子フリーは27日に行われる。→rakuten ranking


粉雪舞う長野。「月の光」の静かな旋律が終わり大歓声に包まれても、真央スマイルはまだ、凍ったままだ。「65.30」の得点が表示されると戸惑ったような表情。「けっこう点が出ていたのでビックリしました」。飾らない言葉とともに、ジャンプのミスを何度も反省した。

演技冒頭、3回転−3回転のコンビネーションジャンプでまた、つまずいた。最初のフリップの着氷でグラつくと、次に予定していたループは2回転で着氷も乱れ、回転不足と判定された。「思い切って跳ぼうと思っていたけれど、それができなかったのは残念…」。今月初旬のGPファイナル(韓国)でも転倒するなど、今季のSP、フリーを通じ1度も成功していない課題のコンビネーションに苦しんだ。

一方で世界女王の強さも見せた。ミスの直後の苦手の3回転ルッツはきっちり成功。スピンなど3つの要素で最高のレベル4を獲得し、正確な技術で3点の減点をカバーした。

全日本選手権は2連覇中。SPで70点台を記録しぶっちぎった過去2大会とは違う“追う展開”となったが、真央の強気はくじけない。「終わってしまったこと。忘れて明日に集中したい」。中野との1.96点差は射程距離。GPファイナルでもSPはトップの金妍児(韓国)に0.56点差をつけられながら、フリーでは女子で初めて2度のトリプルアクセル(3回転半)を決めて逆転。最終的に2.20点差で優勝している。

秘策もある。「焼き肉食べます!」と真央。優勝した11月下旬のNHK杯、GPファイナルの前にはいずれも韓国料理を食べて優勝。「食べるとパワーが出る」という真央の“勝負フード”だ。宿泊するホテルには焼肉店がないため、長野市内の飲食店を訪れる予定。「攻める気持ちで頑張りたい」。唐辛子パワーの助けも借り、寒い長野で熱く逆転V3を奪いにいく。

(以上「サンケイスポーツ」12/27 より引用)

フィギュアスケートの全日本選手権の女子SP、中野友加里さんが完璧な素晴らしい演技で首位になりました。

浅田真央ちゃん、安藤美姫さんがその後を追う今夜のフリープログラム、どんな戦いになるか楽しみですね。


posted by Poodle at 16:24 | 浅田真央books

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。