スポンサードリンク

浅田真央 GPシリーズ・ファイナル3大会ぶりの優勝



08-09フィギュアスケートGPシリーズ・ファイナル女子シングル・フリースケーティング(FS)。ショートプログラム(SP)を終えて総合2位につけた日本の浅田真央は、同種目で首位となる123.17点を記録し合計188.55点でGPシリーズ・ファイナル3大会ぶりの優勝を果たした。→rakuten ranking


また、同種目で2位となる120.41点で合計186.35点を記録した韓国の金妍児キム・ヨナ)が総合2位に、同種目で4位となる112.13点で合計168.01を記録したイタリアのカロリーナ・コストナーが総合3位に入った。

■女子シングル・シングル総合順位(FS+SP)

1位:浅田真央(日本) - 188.55
2位:金妍児(韓国) - 186.35
3位:カロリーナ・コストナー(イタリア) - 168.01
4位:ジョアニー・ロシェット(カナダ) - 166.36
5位:中野友加里(日本) - 161.93
6位:安藤美姫(日本) - 158.25

(以上「AFP」12/13 より引用)

浅田真央ちゃんが、ショートプログラム2位から見事逆転、GPシリーズファイナル3大会ぶり、2度目の優勝を果たしました。

来年3月の世界選手権までに完成度を高めて、さらに素晴らしい演技をしてくれることを期待したいですね。


posted by Poodle at 22:16 | 浅田真央ニュース

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。