スポンサードリンク

浅田真央“アウェーの洗礼”濃霧で練習遅れ跳べず…GPファイナル12日開幕



フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ(全6戦)の上位6人で争うGPファイナルは、12日に当地で開幕する。この日から会場で練習が始まったが、世界女王の浅田真央(18)=中京大中京高=は仁川国際空港周辺の濃霧の影響で現地入りが1時間半遅れ、練習に20分も遅刻。3連覇を狙う金妍兒キム・ヨナ、18)=韓国=との今季初対決に向け、いきなり“アウェーの洗礼”を浴びることになった。→rakuten ranking


想定外の“洗礼”が真央を待っていた。中部国際空港15時50分発の飛行機で現地入りする予定も、到着地の仁川国際空港に濃霧が発生。四方を海に囲まれた同空港は霧が発生しやすいことで有名で、一時は発着が不能になった。結局、真央が乗った飛行機は1時間半近く遅れて19時40分に到着。練習開始時刻の20時30分まで、あと50分に迫っていた。

だが、それでもあきらめなかった。空港を出ると、大急ぎで会場に直行。練習開始から20分を過ぎた20時50分、リンクに姿を現した。思わぬ“待ちぼうけ”を食ったタチアナ・タラソワ・コーチ(61)にハグであいさつしてから練習をスタート。ジャンプは跳ばず、氷の感触を確かめる程度の軽いウオーミングアップにとどめた。

強行移動で波乱含みのスタートとなったが、真央は「少し氷は硬かったけど、だいぶ慣れました」と強気にコメントした。その視線の先には、同い年のライバルの姿がある。金とは今季初対決で、韓国で戦うのも初めて。国民的アイドルの金が出場するとあって、前売り券約1800枚は完売。大応援団が会場を埋め尽くすのは必至で、真央は“完全アウェー”の中で勝負を挑むことになる。

今季、GPシリーズの女子で190点超えを果たしたのは、真央と金の2人だけ。金はGP2連勝と絶好調だが、真央がフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2回成功させれば、国際大会の女子として初の200点突破が見えてくる。「入っている(ジャンプなどの)要素をすべて跳ぶことが目標」。大台超えで3年ぶりのファイナル王座へ、真央が逆境をはね返す。

◆GPファイナル 10月から12月にかけて世界各地で行われるGPシリーズ全6戦(米国、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本=NHK杯)のポイント獲得者の男女上位6人(6組)によって争われる大会。日本勢では女子の村主章枝(avex)が03年に初優勝。浅田真央はシニアデビューした05年に優勝を飾った。

(以上「スポーツ報知」12/11 より引用)

いよいよ12日、フィギュアスケートのグランプリファイナルが韓国で開幕しますね。

浅田真央ちゃん、優勝するといいですね。


posted by Poodle at 01:19 | 浅田真央ニュース

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。